スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上さんとタコまみれ⑧

ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007
⑧ 交響曲第8・15番 12/9 15:00~


2ヶ月にわたったこのプロジェクトもついに最後。最後を飾るににふさわしく、持ってこられたは8番と15番。8番なんて死にそうに重い曲をやったあとにさらにもう1曲やるんだから、新日本フィルも大変です。
いつも開始ギリギリに来るのに、今日は珍しく早く到着したので席に座って惚けてたら、木管楽器とかがステージ上で練習するのがいくつか聴こえてきた。8番第2楽章とか15番第1楽章とか、修羅場の部分の練習に熱が入っていたようで。そのまま演奏者入場。


悲劇的、なんて言葉じゃ表現できないくらいの音楽、第8番。何度も聴くうちに気にしなくなったけど、冒頭が第5番とそっくりで、なんだかなーと思っていたこともありました。
盛り上がっていくうちに音は異常に激昂、聴いてて辛くなるほど。中間部以降、とどまるところを知らず容赦なく曲は進み、そして「もうやめて!聴衆と演奏者のライフはとっくにゼロよ!」といわんばかりにクライマックス。冒頭主題最強奏、この迫力は聴いててなんかもう泣きたくなるくらいです。爆弾落とされて、街は壊滅しました。残るは虚しいイングリッシュ・ホルン。
第2楽章はなんだかヤケクソじみたスケルツォ。でも普通によくできてる。後半では主題が組み合わさったりします。井上さんは最後のティンパニをものすごくリタルダンドしてました。
第3楽章もなんだかヤケクソじみたスケルツォ。スケルツォが2つ続く時点で変なんだけど。びっくりするほど無窮動、だがしかし中間部はトランペットのターン。才気走ってます。ただちょっと、今回の演奏はこの楽章は技術不足な部分があった気が。まあいいや。
そのまま第4楽章、ずっと音量の変わらないパッサカリアで、またそのまま終曲のハ長調へ。ここのファゴットソロもいいよね。
終曲はハ長調といえども、やっぱりなんかハッピーではない。盛り上がり方が尋常でない。そして第1楽章と同じようなクライマックス、しかし冒頭主題ではなくまさかのDSCH音型登場。みんなこれはさすがに気づいてると思うけど。
そして控えめなラストに移行、絶望から見つけた希望みたいな終わり方。ひと夏で書き上げたとは思えん。ほんと速書きだね。そういえばこの曲ハープ使ってないのね。


なんか曲の解説みたいになってるけどまあいい。
対談は実行委員長の黒柳徹子さんと。なにを実行したんでしょう。
カンパは100万も集まったのな。すげえな。


15番も最高としかいいようがない。この第1楽章以上に軽妙なソナタ形式はないだろうよ。主題展開と組み合わせが見事すぎる。
第2楽章はチェロとかトロンボーンのソロが心に染み入る。第3楽章の十二音の奇怪な主題も見事。十二音音列のあるべき使い方ですよ現代作曲家さん。
曲の解説はもういいや。とにかく心が洗われるようでした。


このプロジェクトはおそらく、私にとって学生時代最大の思い出となることだろう。おもひでぽろぽろ。
プロジェクトに関わったすべての人々に万歳!
ショスタコ万歳!
あ、まだ百歳でしたね。

スポンサーサイト

井上さんとタコまみれ⑦

ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007
⑦ 交響曲第11・12番 12/5 19:00~


平日だからだと思うけど、開演7時からだったので学校終わって3時間くらい暇でした。当然終わるのも遅かったので当日中にこれが書けませんでした。まあいいや。


今回は名古屋フィル。11番12番とあり得ない取り合わせでかましてくれたわけですが。
まず11番。もう慣れちゃったけど乾いた音響の日比谷公会堂、冒頭の寒々しい部分は少しその点残念だった気がするけど、第2楽章の三連符地獄絵図の迫力とか凄まじかった。あとものすごく速い。フガートからのテンポにびっくり。
この曲のラストが何度聴いても非常に感動的なのです。一応ト長調三和音は出てくるものの、決してハッピーエンドではなく、むしろ「これからお前らはどーすんだおい」的なメッセージを含んだ警鐘。ショスタコでなければできない芸当です。他の作曲家でこんなエンドを書いた人がいるなら聴いてみたいものです。


今回の対談は映画監督の篠田正浩さんと。いつもにまして面白かった。内容あんまり覚えてないけど。


続けて12番。今日のは体力いるね。
いくつかの文献で駄作という評価を目にしてきたけど、これのどこが駄作なのかあんまりわからない。反体制に解釈できない曲は駄作なのかよと。確かに適当感の否めない部分はあるけれども、主題も活用されてるし構成もちゃんとしてるし、第一楽章は見事なソナタ形式だし。ラストはそれまでの主題を見事に結合させています。オーケストレーションもよく響くようになってるし、何が悪いってんだコラ。
「Es-B-C」がスターリンを表すというのを知ってて聴くと楽しさ倍増(前から知ってたけど)。わざとらしくいっぱい出てきますね。最後とかいくらなんでもしつこすぎ。金管は相当大変なハズ。
とにかく駄作というのを取り消せ!


早いものでこのプロジェクトもあと1回を残すのみ。最終日のチケットもけっこう買ってる人いました。
ちなみにその日は期末前日です。あー。

井上さんとタコまみれ⑥

ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007
⑥ 交響曲第4番 12/1 17:00~


やってまいりました!私の大好きな第4番!いよいよ開幕!
そしてやってきたのは井上さんと、ロックンローラー内田裕也!なんで!?もしかして4番がロックだとかいう井上さんの持論だけを理由にか!?なんなんだ!?
まあ対談はどうでもいいや、そして演奏者入場!舞台いっぱいのオケ!wktkwktk


・・・えーと、今回は東京フィルのターンでした。弦の女性率とかけっこう高いのにこんな曲担当って・・・
60分ですが休憩はありません。当たり前だね。


もう冒頭からしてみなぎるパワー。この曲にはショスタコの毒気要素が余すとこなく詰め込まれてるぜ。
普段聴いてる演奏が1種類しかなかった(バルシャイ&WDR)のでテンポ設定などいくつか違ってたけどまあいいや。でも第3楽章のアレグロからはもっと速くしてほしかったかな。まあいいや。
第1楽章のクライマックスへ向けてのプレスト16分音符の弦。鬼畜といってしまえばそれまでですが、これはもうかっこよすぎ。てゆうか合奏なのによくこんなの合わせられるよね。途中のシンバルの一撃が見事でした。
第2楽章もいいよね。あ・・・ちょっと寝てたカモ・・・昨晩ちゃんと寝とけばよかった・・・・・
そして最後の第3楽章クライマックス。長調のファンファーレから短調のこの楽章冒頭の主題再現へのくだりは聴いてて本当に鳥肌もの。救いようのない悲劇を感じさせます。普通の作曲家だったらこれを表現するためにどうしてもわざわざ物語的にもってくるでしょうが、彼のこの曲の場合はそれまでオペレッタ風な場面が延々と繰り出されてきた後になんか唐突に戻ってくるわけで、喜劇と悲劇がごっちゃでなんだか一筋縄ではいかないのです。要はひねくれてんだけどね。だがそれがいい。それをいうなら5番も、最後のハッピーエンドな箇所が異様に短いのが気になったりする。
そして暗鬱なコーダへ。ここにきてやっとチェレスタが日の目を見ます。このラストも感動的ですね。チェレスタが最後に奏でる、弦のコードと関係ない「ラ-レ」の2音。
そして静かに消えてゆく、ああ今日はすばらしい感動を手に入れたぜ・・・・・・と、ここで

どっかの1人がまさかのフライング拍手!

えーっ・・・
自重・・・
たしかこの演奏NHKで録画されてるんですよ・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。