スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図説世界史

bohee.jpg
 府兵制は西魏に始まった兵役制度。隋・唐でも用いられ、土地制度の均田制や、税制である租庸調制と、三位一体で運営された。
 内容は、農閑期でヒマな農民の男子を狩り出して、訓練を施すというもの。つまり兵農一致である。兵役期間中は彼らのぶんの租庸調は免除されたが、武器・衣服を自分で用意しなければならず、農民にとっては上図のように重い負担となった。
 しかし、唐代後期に均田制が崩壊し、土地の供給がうまくいかなくなると、もはや兵農一致として府兵制で徴兵をやることは困難になった。そこで新たに採用されたのが、募兵制である。これは兵農一致ではなく、ただの傭兵制。つまり職業軍人だった。かれらは府兵制のころの、ふだん農作業やってるようなニワカ兵士よりも多少乱暴だった。
 募兵制で集まった傭兵のリーダーを節度使といい、辺境防衛にあたった。安史の乱のころには国内にも節度使がおかれて反乱の鎮圧をまかされたが、そんな中で節度使はどんどん軍閥みたいになっていき、藩鎮とよばれ、黄巣の乱で唐が滅びた後は完全に自立化したも同然になった。
 

butei.jpg
 武帝というのはニックネームなので、西晋の司馬炎とか他にもいろいろ武帝とよばれた人はいるが、上図の武帝は、前漢の第7代皇帝である。
 武帝は、中央集権化を進め、儒学の官学化、匈奴への攻撃、張騫の大月氏派遣、西域・南越・朝鮮の経営を行い、前漢の最盛期を現出した。
 しかし前漢の衰退の原因をつくったのも彼である。外征と土木作業をしすぎ、そのため財政難となり、それを克服するために重税を農民に課し、塩・鉄・酒の専売制をはじめ、均輸・平準法を実施した。そんな悪い子である。ぶってやらないといけない。
 元号をはじめて制定したのも彼である。「建元」という元号だった。


koubu.jpg
 光武帝は劉秀、後漢の初代皇帝。晋を滅ぼして赤眉の乱を平定し、漢を復興した。
 洪武帝は朱元璋、明の初代皇帝。貧乏だったが紅巾の乱で台頭して皇帝になった。
 同音異義語に注意。上図は光武帝のほう。


denko.jpg

 佃戸とは、小作農家のこと。唐の安史の乱後、均田制・租庸調の崩壊と、節度使が藩鎮とよばれて自立化したせいで国の収入が激減したので、楊炎が徳宗に提案して、両税法という税制が租庸調に代わって施行された。その両税制によって佃戸がだんだん広がり、宋代以降は一般化。法的には自由民だったが、経済的には地主に圧迫されて大変だった。けれど明代には地位が向上し、経営も自立化した。 

 
batou.jpg

 バトゥはチンギスハンの孫。当時のモンゴル帝国第2代オゴタイハンに命令されてヨーロッパに大遠征し、ワールシュタットの戦いでドイツとポーランドをフルボッコして罵倒した。
 ワールシュタットは「死体の山」という意味。リーグニッツの戦いともいう。
 バトゥはそのあとオゴタイが死んだので帰国しようと思ったがやっぱり途中でやめてサライを都にしてキプチャクハン国を建てた。キプチャクハン国は諸ハン国でもっとも早くイスラーム化したので有名。14世紀が最盛。


tarako.jpg
 アッバース朝ができたてホヤホヤのときに唐の高仙芝と戦うことになった。唐はボロ負けした。これによって製紙法がイスラーム世界に伝わったのは有名だが、もうひとつ、中央アジアへのイスラーム勢力の進出が本格化したことも大事。


zensin.jpg
 完顔阿骨打の建てた金で成立した道教の一派。儒教と仏教と道教と禅をごちゃまぜにした。当時、旧・道教は迷信じみた不老長寿の仙人修行みたいなことをやっていたので、それをもっと平易で庶民的で実践的に革新した。開祖は王重陽。
 金はモンゴル軍に滅ぼされたが、全真教は元朝に保護されて大発展した。だけどそのころには旧道教となんら変わらないものになってたらしい。


mousi.jpg
 孟子孟子詐欺は、振り込め詐欺の亜種である。
 孟子を騙ってお金を要求する。孟子といえば性善説。惻隠の心無きは人に非ざるなり、というわけで、泣いてせがまれると振り込んでしまう。巧妙な手口だ。


arukime.jpg
 アルキメデス。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。