スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独文独歩 49

 ムージル
 『特性のない男』

 Robert Musil, 1880-1942
 Der Mann ohne Eigenschaften, 1930-43

 抜き書きとメモ(3)

 見物席に座って観戦しながら、他人に努力させる――これがスポーツである。

 外見に注意を払いすぎる女は比較的貞節である。手段が目的を追い出してとって代わるからだ。スポーツのチャンピオンが性的不能であることが多いのも同じ理由である。

 カカニアではまったく何も起こらなかった。昔なら、これこそ古い慎み深い文化なのだと考えたことだろうが、今ではそれが不安の種になっていた。

 かれらは二千年に及ぶ利他主義的な教育の結果、まったく自分のことを考えなくなっていたので、私か相手かどちらかが苦しまなければならない場合でも、いつもそれを相手に譲るのだった。

 監禁された犯罪人は、壁に打ちこまれた釘のように、もう誰もその存在に気づかない。

 法則がなければ、屋根から落ちることすらできない。

 直観をもつということは、自分の行為に対して理性で充分に責任をとることのできないものたちの間で、当時流行していた。

 「私は献身する」。述語は主語なしに存在しえない以上、いわば文法的に利己主義のかすかな陰りはどんな行為にも残るものだ。

 Zweck, Zielという名詞は、元来射手や猟師の用語である。それゆえ、目標や目的がないということは、殺害者でないということと同じではなかろうか?

 ハンスとゲルダは、ほかの若い恋人たちが目標とみなしている相互所有を、彼らの嫌悪の的である精神的資本主義の始まりと見なし、そして肉体の情熱を軽蔑していると信じていたが、また思慮分別のある態度も軽蔑していて、これは市民的理想で、うさん臭いものだと見なしていた。こうして、非肉体的あるいは半肉体的な絡み合いが生じた。
 「子供の接吻のように味気なく、老人の愛撫のように際限のないこの中途半端な抱擁」

 長い無益な説得のあとの暴力の明解性が、救済である。

 魚は魚を動かしているものの中で動いていた。それは、人間が夢の中か母胎の中でしか体験できない状態だった。

 デモ行進は、頭よりも筋肉に作用する。

 意識だけでは、この世のうごめくもの、ちらちら見え隠れするものに秩序を与えることはできない。意識は鋭くなれば、少なくとも一時的に、世界は際限がなくなるからだ。ところが自意識は舞台監督のように登場して、それを人工的にまとめあげ、幸福なものに仕上げるのである。

 幸福の大前提は、矛盾を解決することではなく、矛盾を消して見えなくさせることである。

 人生の圧倒的多様性を、一次元の順序に写すことが、人生物語の秩序を作りだす。これは不朽の叙事的技巧であり、「悟性による透視画法的短縮」である。

 振動の激しさにくらべれば、その音の美醜は問題にならない荒々しい音楽のように

 健康体には、本来的に非寛容なところがある。

 まるで太陽を見詰めるように相手を見詰める恋人たちがいる。彼らは簡単に失明してしまう。あるいはまた、恋人により人生が明るく照らされて、初めて驚いて人生を見詰める恋人たちがいる。

 禁欲者はなぜ絶食したりするのだろう、それはただ妨げとなる妄想を禁欲者にちらつかせるばかりではなかろうか?! 知性にかなった禁欲とは、たえずよい滋養をとることで食事を軽蔑することにある。このような禁欲なら長続きもするし、情熱的な食事の拒否で精神が肉体に結びつけられているときには精神がもたないあの自由を、このような禁欲は精神に与えてくれる。
 Warum sollte also gerade ein Asket hungern; das bringt ihn nur auf störende Einbildungen?! Eine vernünftige Askese besteht in der Abneigung gegen das Essen bei ständig gut unterhaltender Ernährung! Eine solche Askese verspricht Dauer und erlaubt dem Geist jene Freiheit, die er nicht hat, wenn er in leidenschaftlicher Auflehnung vom Körper abhängig ist! (S.758-9)

 善人は世界をちっとも善くはしない。善人はまるで世界に影響を与えはしない。善人はただ世界から離れる。

 「休日の気分」人間には2つの思考状態がある、ということが人間に吹きこむはずの致命的な恐怖を未然に防ぐために、一方の状態を他方の状態からの休暇、中断、休息とみなす方法をとる。

 人は何もすることがなく、何をしてよいかもわからないときに行動的になる。したいことがはっきりわかっていると、人は陰謀家になる。

 何かが矛盾していても、あなたがその両面を愛するなら、もうそれで矛盾を解消している。

 水を飲むとき、水に映る自分の姿はもう見えなくなってしまう。

 これまで彼が「道徳的」に振舞ったときにはいつも、人が通常「不道徳」と呼んでいる行為をしたり考えたりする場合よりも、より悪い精神状態にあった。これは一般的現象だ。なぜなら環境と対立しようというときには人は誰しも自分の力を発揮するが――自分の責任しか果たさない場合には、税金を支払う場合とまったく同じ態度しか、当然人は取らないからである。悪には情熱があり、善は感情の貧困である。
 「するな!」「せよ!」の命令は、ともに燃えている。しかしそれが道徳となって主権をにぎり、その実行が困難をともなわなくなると、義務は固定され、「善」と「悪」になる。
 麻痺した剥製の道徳のために滅びるか、生気溌剌たる不道徳家のために滅びるか。

 林檎も熟すれば、樹から思いもかけず上昇したりはせず、大地にちゃんと落下する。

 「預言者」マインガスト
 「民主主義とは、「こうもできるが、しかしああもできる」という心理状態を政治的な表現にしたものにすぎない。現代は投票用紙の時代だ。(…)そして、われわれが実証科学をわれわれの知性の理想にしたことは、いわゆる事実なるものがわれわれに代わって選挙するように、事実なるものの手に投票用紙を握らせたことにほかならない。(…)民主主義は――これをもっとも簡潔に言い表わせば――『起こることを、しろ!』ということだ。ついでにいえば、これは人類の歴史始まって以来の、もっとも恥ずべき循環論法の一つだ」

 諸理念の小刻みに揺れている均衡に、衝撃を与えなければならない。「どういう衝撃を与えるかは、ほとんど二の次の問題だ!」

 人間はパンのみにて生きるにあらずにして、魂をも糧にしている。魂とは、いわば人間がよくパンを消化するために必要なものだ。
スポンサーサイト

独文独歩 48

 ムージル
 『特性のない男』

 Robert Musil, 1880-1942
 Der Mann ohne Eigenschaften, 1930-43

 抜き書きとメモ(2)

 Heroismus der Bitterkeit
 「人間の崇高さの足をすくって、それがうつぶせになって倒れるのを見る楽しみは、少なくとも人間の崇高さと同様に永遠なものである。」
 「人間の幻想が起こす手品の種をばらす「科学的」態度は、もちろん真理愛であるが、その真理愛のまわりには陰険な偏愛がある。」

 土地所有は精神のマッサージである。大地は水を清めるように人をも単純化する

 対象を失った言葉
 Die Attribute großer Männer und Begeisterungen leben länger als ihre Anlässe, und darum bleiben eine Menge Attribute übrig. Sie sind irgendeinmal von einem bedeutenden Mann für einen anderen bedeutenden Mann geprägt worden, aber diese Männer sind längst tot, und die überlebenden Begriffe müssen angewendet werden.
 「偉大な男や偉大な感激に冠せられた形容詞は、それを冠した動因よりもずっと長生きして、そのため多量の形容詞があとに残されることになる。こういう形容詞は、その昔、ある重要人物が別の重要人物のために作りだしたものだが、この人物たちはとうの昔に物故している。だが生き残った概念の方は使わなければならない。」そのため、この形容詞に当てはまる男が絶えず探し求められることになるのである。

 アルンハイム「新聞を買収したがる政治家は、金で女を買おうとする男だ。女の愛をしとめるためには、その女の空想を掻き立てるだけで万事が、しかも安く手に入る。」

 理念から行為に至る際の幻滅、ペシミズム
 かつてのディオティーマ:「この理想主義には、具体的なところがなかった。具体性は職人的なものであり、職人仕事は不潔なものだからだ」
 今:「これまで彼女の理想であったすべてのものを見渡すと、旅行カバンを詰め終わって、長年自分を守ってくれたが今は半ば魂の抜けている部屋に最後の一瞥を投げる人のように、行為に出るまえのあの精神的なペシミズムを感じるのだった。」
 ・現実化による価値の下落について
 「理念は、最も強い状態では、決して長続きしない。それは、空気に触れると長続きはするが、たちまち別の駄目な存在形態に変わってしまうあの物質に似ている。」
 「精神にとって、偉大なものとの結びつきほど危険なことはない」偉大な精神という表象は、精神そのものの価値とジャガイモの価値との総合でなければならなくなってしまう。
・しかし現実の肉体をまとうことは不可欠
 「思弁は、恐ろしく高い竹馬にのって大股で歩き、ちっぽけな足裏でしか経験にふれえない。」
 「理念になんらかの足場を与えるものは、理念が所属している肉体しかないし、その肉体についていえばあなた(シュトゥム将軍)は優位に立っている」
・以下は「偉大な精神」の例。宣伝力のある詩人が名声を博す
 「これは、痩せた精神タイプのあとに出た、太った精神タイプだった。この男の荘重な理想主義は、縦にした蒸気機関車みたいな低音吹奏楽器に相応するものだった。それは、一つの音で他の千の可能性を聞こえなくしてしまう。」
 「大作家になるための必須の前提条件は、良い影響を及ぼすことができる以前に、広範に影響を及ぼさねばならないことである。」
 die unmeßbare Wirkung der Größe durch die meßbare Größe der Wirkung zu ersetzen
 「偉大さGrößeのもつ計り知れない影響を、影響という計量できる大きさGrößeにすり替えること」
 Groß ist nun, was für groß gilt; 「いまや、大きいとみなされるものが偉大なのだ」

 蜜蜂の社会。雄蜂は官能と精神に一生を捧げ、労働は働き蜂にまかせる。そうすれば人類の全業績は高まりさえする。

 「われわれ人間は、何が起きるかはあまり問題にせず、誰にどこでいつそのことが起きるかを問題にしすぎる。」
 「自分に起こるからうれしいのでなく、起こったというだけでうれしい」
 「だれしも音楽を『持ち』たいとは思わず、音楽があるだけで満足する」

 消極主義には2つある。消極的消極主義と、積極的消極主義だ。

 ウルリヒからシュトゥムへ、軍隊賛美のイロニー
 ①軍隊は国家の肉体ではなく、精神そのものだ
 「あなたは考え違いをしていますよ。精神は市民のなかには見つかりません。そして、肉体的なものは軍隊にあると、あなたは信じておられますが、事情はまったく逆です! なぜなら精神は秩序なんですからね。そして、軍隊以上に秩序が存在するところがありますか?」
 ②軍隊は非科学的暴力性ではなく、科学そのものだ
 「科学は、出来事が繰り返されるか、あるいはコントロールできるところでしか成り立ちません。ところで、軍隊以上に、繰り返しとコントロールのあるところが、どこにあります?」
 ③機械的なのは理性ではなく、感情のほうだ
 「非常に多くの人が科学には魂がなく機械的だと言っています。ところが驚いたことに。心情は頭脳よりも、はるかに規則性があるのです。感情がほんとうに自然で単純なのはいつでしょうか? それは、どの人にでも、同じ状況で、機械的に、感情が現れることが期待できる場合です!」
 別の箇所では:道徳は魂の問題でなく、論理の問題である
 「魂が道徳をもつと、魂にとってはもう道徳的問題は存在しなくなり、あるのはただ論理的な問題だけになる。」自分がしようとすることが禁制に該当するかどうかの論理判断が、道徳である。
 「ところで、論理とは反復可能性を前提とする。(A=A)この反復可能性は、金にしみついている。したがって金は合理的かつ道徳的である。」

 「英雄的な態度は、その内容が偽ものであるときは不愉快であるが、内容が完全に空であれば、ふたたび燃えあがる炎と信仰のようなものになる。」

 「一芸術作品と一万人の困窮とのどちらが重大かという質問から、では、一万の芸術作品は一人の人間の困窮と鼎の軽重が問われるのか、という問題が生まれた。」

 「こうした諸現象の変化の中で手掛かりを見出そうとするのは、吹き上げる噴水の中に釘を打ち込むのと同様にむずかしいことである。」

 「現在の方は誇らしげに過去を見下しているが、過去の方がもし偶然あとから来たとしたら、現在を誇らしげに見下すことだろう。」

 「わたしたちは相変わらず、わたしはこの女性を愛するとか、あいつが憎いとかいっていますが、本当は、彼らがわたしを引きつけるとか、わたしを突き放すとかいうべきなのです。さらに一歩進めて、厳密にいおうとすれば、わたしを引きつけたり突き放したりする能力を、彼らの中に目ざめさせるのは、このわたしだと、つけ加えなければならないでしょう。さらにもう一歩厳密を期するとすれば、彼らがわたしの中にそのために必要な特性を目ざめさせると、つけ加えなければならないでしょう。こうして、いつまでも続きます。」
 二つの充電した電気回路の触れ合いのような、相互間の関数的依存関係

 「普通の生活とは、わたしたちに可能な全犯罪の中間状態である」

 「彼女(ディオティーマ)はこのとき、この男(ウルリヒ)を愛せる可能性のようなものを感じていた。それは、彼女にしてみれば現代音楽のようで、全然満足できないが風変わりな刺激に満ちたものだった。」

 銀行家の父から革命思想の娘へ:「だがわたしが資本家でなかったら、おまえはどうやって暮らすつもりなんだね!」

 ゲオルゲ・シンパの反ユダヤ系民族運動の青年たち
 「彼らはませた口調で『欲情』を、『生きる喜びに不様に溺れる粉飾した嘘』と名付けてこれを軽蔑するが、一方で超感覚性Übersinnlichkeitや熱情Inbrunstについてはじつに多くを語るので、狼狽して聞いている聞き手の心に官能性Sinnlichkeitと発情Brunstに対する優しい思い出が、思わず知らず対照の妙を得て沸いてくるのであった。」
 「足の付け根まで伝わる理念」

 進歩は共通の努力の産物である。つまり、誰も望んでいなかったものである。

 性的欲望をもてない愛、アルンハイムとディオティーマ
 アルンハイム「欲望とは、われわれの時代の特色である合理的教化にふさわしい感情である。これほど露骨におのれの目的を目指す感情はない。それは的に向けられた矢のようなものであり、鳥の群れのように遠方へ飛んでいったりはしない。計算や力学や残忍さが魂を貧しくするように、欲望は魂を貧しくする。」
 「幸福が二人の魂を強引に、荘厳な高みに引き上げてしまうために、そこでぶざまな動きをしてしまってはという――足下に雲しかない人間にとっては至極当然な――不安に、かれらは悩まされていた。」
 
 アルンハイム、思想の分業
 仕事中は、商人の考え方。「休み中は、たちまちその逆の考え方になり、規則性などの非内面的・非本質的なものを邪道とみなし、人間はもっと別の道をたどって向上すべきといわないことを恥じただろう。」ただしメインはあくまで仕事:「犠牲にすべきは利子だけであり、資本では決してない!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。