スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やかん猫 4

 やかん猫

 やかん猫 3 の続き

 我輩が物置に閉じ込められてから二週間ほど経ったある日、主人が庭でなにやら作業を始めようとしていた。その庭の隅にある物置の中からも主人と細君の話し声が聞こえた。
「此れだけ木材を買ってくれば、大分立派な書棚が組み立てれるだろう」
「組み立てられる、よ。古風な話し方もラ抜きでは台無しだわ」
 どうやら書斎の棚の新しいのを、日曜大工でもって自ら拵えようとしているらしい。これは久々に騒がしくなりそうだ、と斜に構えていたが、次の瞬間そんな余裕は忽ち吹き飛んでしまった。
「工具は物置の中だったかな」
 細君の息を呑む音が聞こえた気がした。
「こ・・・工具はうちにはなかったと思うわ。買って来ましょうか」
「いや、確かあったはずだよ。とりあえず物置を見ておかないと」
 その声は足音とともに段々とこちらに近づいてきて、我輩は身構えた。物置のドアががらりと開けられた。主人は呆けたような顔つきでやかん姿の我輩を見た。おそらく今の今までやかんを物置にうっちゃったことすら忘れていて、しかもその中身の生物が二週間の幽閉を経てまだ生きていることに、驚きを隠せずにいる様子だった。我輩は自分の生き延びている理由を感づかれないよう、ひたすら神に祈った。一時は無神論者を気取ってさえいたこの我輩が、である。しかし願いは届かなかった。
「どうも最近おかしいと思っていたんだ。冷蔵庫の魚が一晩に一匹ずつ無くなっていた」辛辣にそう言って主人は細君を責めるような目付きで見た。細君は目を伏せて正直に答えた。
「御免なさい。私やかん猫さんがどうしても可哀想で」
「可哀想なものか。てっきり忘れかけていたが俺は思い出したぞ。この指の傷は」といって我輩の噛んだ親指の、絆創膏を巻いてあるのを、細君の目と鼻の先に突き立て、「この傷は、そこの忌々しい猫が創ったのだ。それなのに何だお前は、俺を傷つけた凶暴なるやかん猫めに同情して、俺に黙って夜な夜な家の食物を盗んでそいつに餌付けするとは。こんな野蛮な獣物に施しを受ける権利などない。ああとっとと殺しておけばよかった」
「ちょっと貴方、」細君が震える声で反論しようとした。「それはあんまりよ。猫だって立派な生き物よ」
「まだそいつを庇うか。飼い主に手向かう猫のどこが立派だ、え?どこが立派だ、なにが立派な生き物だ?言え!」
 初めて主人に怒鳴られて、細君はとうとう泣き出してしまった。我輩は見ていられなかった。主人に対する怒りが煮えたぎった。攻撃しなければ気が済まぬ。我輩はやかんから抜けようとして奮闘した。しかし細君のくれる魚を毎晩残さず食べていたから、そのかつての体格はほぼ維持されていて、やはりどうしても抜け出せなかった。やかんががらりと倒れて、我輩は前足を少し突き出して首を窮屈にしたまま、庭に転がった。我輩は自分の滑稽さを認識した。それでも、悪魔の顔面をめちゃめちゃに引っ掻いてやろうという一心で、死にものぐるいでじたばたとした。しかし悪魔はやかんの底を両手で持ち上げ、そのまま台所へどしどし歩いていった。
 台所の水道に連れて来られ、悪魔は蛇口をひねった。その右腕を引っ掻こうとしたが届かない。やかんに水が注がれていった。そして焜炉に置かれ、かちりと火が点けられた。
 細君が泣き顔のまま必死になって駆けてきて、火を止めようとしたが、主人に足蹴りにされて、狭い台所に倒れ込んだ。細君の泣き声はいよいよ大きくなった。ああ、どうかそのまま起き上がらず、床にうずくまっていてくれ。我輩のこのような情けない死に様を、君に見られるのはあまりに忍びない。
 すべてが真っ赤になり、我輩の頭の中をくるりくるりと炎の息を吐いて回転した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。