スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独文独歩 9

 ユンガー
 『大理石の断崖の上で』

 Ernst Jünger, 1895-1998
 Auf den Marmorklippen, 1939

 経験者にたいして未経験者はつねに劣位に立っている。戦争を知らない世代の言論は、戦争を身をもってくぐり抜けた世代の一部の人にとっては物足りない。自分らの体験を共有しない者とは分かり合えないという考え方は世代間に限らず多くの議論の場でみられ、事実上の絶交宣言としてそれ以上の対話を為し得なくなるのが常である。
 第一次世界大戦後のドイツにおいて、戦争から遠い世代は年長者の側であり、それを代表するのがトーマス・マンである。一九二四年に出版された『魔の山』は、英雄的戦いとは無縁のサナトリウムでモラトリウムな非行動の小説であり、五年後にノーベル賞を受賞するが、大戦に従軍した血気盛んな若い世代の反感は強かった。その代表がユンガーで、西部戦線の志願兵として傷だらけになって戦いプロイセン最高の勲章をもらった軍人気質のこの作家は、死んだ精神より血の通った行動を愛するナショナリストであり、マンの作品をフランスかぶれのブルジョワ・デモクラシーへの迎合だと糾弾した。
 そんなウヨクじみた人の作品だが、これは反戦的な抵抗文学です。植物学者の兄弟の住む、湖に面した自然豊かなマリナの町、その南はブドウ畑で、北の平原には粗暴だが情のある牧人たちが住む。しかしいつごろからか森の中で暴虐を尽くす「頭領」の犯罪者集団が幅を利かせはじめた。果樹園や家畜や、人間の住む町や制度が大嫌いで、すべてを自然の野蛮さで埋め尽くしたいかれらのもとへ、勇敢なブラッケマールという男と、ある侯爵の二人が反撃に乗り込むが、あえなく惨殺。かれらを探しに行けというランプロス神父に従って兄弟は牧人族の一人ベロヴァールとその猟犬の護衛付きで、森の無法地帯のなかに入り、犬同士と人同士の乱闘が繰り広げられるが、結局主人公たち以外みんな死に、研究の成果も芸香庵(うんこうあん)ごと炎に包まれておじゃんになる。人間の積み上げたものを悉く灰燼に帰す、非人間的な力の勝利。いかにもバッドエンドです。
 ユンガーの小説はガルシア=マルケスなどのラテンアメリカ文学をよく形容する魔術的リアリズム、すなわち日常と非日常の融合したハチャメチャ系シュール現代小説の先駆として名高いそうです。この作品でいえば、主人公たちの召使ランプーザ婆さんとその子エリオの、庭中の毒蛇を飼い慣らしているシーンなどは非現実性が顕著で、ハイハイしながら毒蛇にミルクをあげる赤ん坊エリオは、のちにそれらを率いて頭領の猛犬たちを一網打尽にする。

 エリオは銀の鍋を、真鍮のフォークで叩いた。笑い声のような響きが大理石の断崖の底の峡谷をふるわせると、庭園の青い光沢のなかに一条の明るい光が射して、電光のごとく槍尾蛇が彼らの狭間からとび出してきた。地面のうえに金色の輪を描きながら、おもむろに人間の身の丈ほどの高さに立ちあがり、頭を時計の重い振り子のように動かした。牙が殺気に光り、息がシューシューもれ、角質のパチパチいう音がした。
 森の徒党は恐怖のため化石したようになり、眼玉が眼窩からとび出していた。蛇のボス「はげたか」が猛犬の耳にちょっと触れると、犬は死の痙攣に身をふるわせ、舌を噛み切りながら、咲き誇っている百合の花のなかに、のたうちまわった。

 長いので適宜改変したが、このエリオ格好良すぎである。逃げ回るだけの主人公たちを助けるさながらスーパーマンである。むしろ主人公たちは何をしたのか。忍び寄る悪の組織に対して何の手も打たず、知人たちの庇護下にぬくぬくと研究を続け、最後は武器を手にして戦ったとはいえ十分に勇敢とはいえない。言い過ぎかもしれないが、僕にはかれらが、療養所で趣味の本を読んで呑気にしている『魔の山』のハンス・カストルプと、そう大差ない種類の人間であるように思える。ただし彼らは、勇敢に戦いそして散ってゆく行為者たちに、心からの敬意を払っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。