スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独文独歩 17

 『カール・クラウス著作集 5 アフォリズム』 池内紀編訳

 カール・クラウスはジャーナリズムの陳腐な言葉遣いを批判した世紀末ウィーンの作家である。彼にとってジャーナリズムとは、どんな偉大な精神をも陳腐な意見にひきずりおろし、深遠な思想ではなく薄っぺらな社交のために言葉を使う、瀕死の文化にはびこる蛆虫であり、精神の淫売である。言葉は、詩人の専売特許であって、画家にとっての絵具に比すべきものであり、詩人以外が言葉を用いること自体そもそも許されない。お前らにはジェスチャーで事足りるだろうというのである。詩人の言葉、思想の言葉、すなわち現実の素材を指し示すことから離れて高く飛翔していく不死の精神の言葉、これだけが真の言葉で、政治的意見とか煽動のための言葉は下劣である。言葉への信仰が絶対的だからこそ、クラウスの攻撃は舌鋒きわまる。
 ところで興味深かったのは、批判はジャーナリズムだけでなく、心理分析という一見関係ないものにも及んでいる点である。心理学は学問的分析でなく、凡人が天才に対して行う情熱的な復讐なのだという。芸術家にあって自分には欠けているものを、病名で診断し、それで才能の原因をすべて説明した気になっているのである。

 彼が分析するのは、自分が綜合のない断片からできているからである。(…)いかに彼が振る舞おうとも、天才の説明としてもち出すものは、御当人における天才の不在証明である。しかし、天才は説明を必要とせず、凡庸が天才に対して弁じ立てる説明は、みじめさの結果なのだから、心理分析の存在理由は一つしかない。そっくり心理分析暴露のために適用可能ということ。

 心理学が行う説明は、天才が天才である原因を解剖して、自分たちと同じレベルに引き下げるための言葉である。たとえばワーグナーの書いた楽劇はかれのエディプス・コンプレックスの昇華であり、父親に取って代わりたいという無意識の願望の変容である、という説明がなされる。ところがこの言葉は、主語を「○○が医者になったのは」とか「○○がボーリングを好きなのは」とか、何に言い換えても通用するわけで、結局ワーグナーをワーグナーたらしめた特異性には全く触れられていない。(人間を物質性へ還元するような見方に対して反駁しようとすると、どうしても特異性とか霊魂とかクオリアとかいったふんわりしたタームしか使えないのであるが、そのこと自体、物質を示す言葉よりもふんわりした言葉のほうが偉いことを示している。)何よりうざいのは、心理分析家はみずから客観的であると称して、精神の作業に動機の嫌疑をかけ、白昼堂々と復讐するところである。
 ジャーナリズムと心理学、それらは一見無関係だが、偉大なものを陳腐化しようとする還元主義的な点において共通する。あの偉人も所詮はおれたちと同じ人間だから、その業績も大したものではない。そして、おれたちも偉人と同じ人間だから、偉人と同じくらい立派なことが言えるはずだ。ここにあるのは、貴族をひきずりおろす民主主義、大衆の反逆である。凡人たちは、正義の名のもとにひそんでいる自分の憎悪と思い上がりに気づかない。そして憎悪と思い上がりが原動力であるとき、立派なことが言えるはずがない。言葉への、詩人の言葉への、精神性・貴族性への、尊敬がなければならない。しかしクラウスは、自分以外の同時代人は全員救いようのない俗物どもであって更生の余地なしと考えているから、ひたすら辛辣な皮肉を浴びせる。こんな形で現れる真理愛もあるのだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。