スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独文独歩 33

 ムージル
 『愛の完成』

 Robert Musil, 1880-1942
 Die Vollendung der Liebe, 1911

 娘の寄宿舎を訪ねる旅の道で、昔の男遊びを思い出して郷愁を覚えはじめる主人公クラウディネ。その娘の父も情事相手の歯医者の先生だったという。身を固めたことによって捨てた、より高い愛への可能性に思いをはせるうちに、電車で出会った行きずりの凡庸な参事官のもちかけてきた誘いに、身を任せることになる。しかしそれは単なる不倫ではない。本当の愛においては、二人はもはや誰にも聞かれない音楽のようでしかなくなる。不貞は夫との究極の結婚である。不実であることこそ、愛の完成なのだ。

 輪郭の崩壊

 主人公は、自分という人格、自分の人生が、ひとつながりのまとまりを持った確固たるものであるという実感を失っている。暗い部屋の中で立って男を待つとき、「自分の輪郭が、暗闇にあいた奇妙な穴にしか見えなくなった。」別の作品『静かなヴェロニカの誘惑』の主人公ヴェロニカもこう言っている。「わが身を内側からどんなふうに感じとっていたかを思い出してみると、昔はまるく張りきった水滴のようだったのに、今ではとうに、輪郭のぼやけた小さな水たまりでしかない。」「目覚めた魂というものは空間の内にあいた、何ものにも満たされない空洞なのだ。」
 人がふつう信頼している自我というものは、彼女たちのような、自然との真の合一感を求める者たちにとっては、実感にそぐわないものである。男を求めるのも、ある特定の男を求めるのではなくて、現実の凡庸な人間を踏み台にして、神的なものを感じたい、大きな流れの中に消えて無くなってしまいたいのである。その意識をヴェロニカよりもまだぼんやりとしか感じていないクラウディネはたとえば、大勢の人の臭いのしみこんだ、宿の部屋の敷物に身を投げ出したくなる。このような神秘主義的な、超個人的な感覚には、その反対のものには決して存しえぬ、恐ろしくもあるようなエロティシズムがある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。